無料ホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄日。(後編)

今日は朝から、トイレが近いです。

これでもかってくらい朝から尿意を催します。

寒いからでしょうか?(知らんがな。)

コーヒーの飲みすぎでしょうか?(いや、だから知らんがな。)

はたまた、そもそも尿意を催してること自体気のせいなんでしょうか?
(んなことあるかーい!)







こんばんわ。




優です。




さて、タクシーの運ちゃんとのバトル続きです。



私を怒らせてしまったやっちまった感満載のタクシーの運ちゃんじじい。

わざとメーターを伸ばしてるんだとしたら、

よし、とことん付き合ってやろうと。

どこまで行くのか見届けてから、

最後に一言物申してやろうと。

もうね、このときには私の怒りの沸点は最高潮ですよ。

もうね、タクシー止めたあとになんて言い訳するのか妄想しまくっていて、

かつ、その言い訳になんて返してやろうかとグルグル考えておりました。

したらば、タクシーの運ちゃん、ワンメーターの料金から2メーターくらいあがったところで、


運ちゃん「あれぇ?!ヤマダ電機の前でしたっけー?!」












こんの、じじい!
しらじらしいんだよ!!





怒りを押し殺した史上最高の低音ボイスで、

私「……そうです。」

じじい(もうじじいでいいや。)「あらー、すいません、車回します。」

私「いいえ。もう結構です。」

じじい「いやいや、そんなわけには…」

私「わざとですか?」
(反撃開始)

じじい「いえいえ!決してそんなんじゃ!」




先ほどの開口一番からは想像できないくらいの低姿勢のタクシーの運ちゃん。

いきなり人のこと怒鳴り散らしといて、

自分のミスは低姿勢で謝れば済むと思ってるこの感じにもほんっとに腹が立ってきて、



私「早く降ろして下さい。」

じじい「えと…では…メーターをひとつ戻して…770円になります。」












ばっきゃろーー!!
メーターひとつ戻したところでワンメーター料金越えてんじゃねーか!




ここで、私もあまりにも腹立ってたもんで、

1,000円バンッと出して、

言ってやりましたよ!

1,000円叩きつけて、

最高潮の低音ボイスで言ってやりましたよ!





私「お釣りはいらないです!!
早くドア開けてください!!


じじい「いやいや!そういうわけには…」

私「いや、もういいって言ってるじゃないですか!!」

じじい「いやいや!お釣り用意しますから…」

私「だから!もういらないって言ってるじゃないですか!!
早くドア開けてくださいよ!」



この押し問答を4、5回繰り返したあと、

ドアを開けてくれないから、

自分でドア開けて光の早さで降りてやりました。












ほんっま、じじい、腹立つわぁ!!


久々血管切れそうなくらい怒りました、私。

で、そこからトボトボ降ろしてもらうはずだったヤマダ電機まで戻って、

彼女に一連の流れを報告。



彼女「あー、駅ね、個人タクシー多いの。
だから、変な人多いんだよね。
ごめんね。ほんとごめんね。
嫌な思いしちゃったよね。
ほんとごめんね。」













天使か、チミは!!



彼女に吐き出して、

彼女に慰められて、

すっかり気分は晴れ晴れ(単純か。)


彼女「でさ、裏のコインパーキングに車停めてるんだけど、
財布持って出てくるの忘れちゃって、
後で返すから出しといてくれない??」

私「ぜーんぜんいいよー♪」
(まじ単純。)




すっかりしっぽり気分を良くして裏のコインパーキングに向かいました。

でね、コインパーキングって、一万円札や五千円札って、

だいたい使えないんですの。

で、駐車料金確認してみると、

1,700円。

財布を開いて驚愕。




11,600円。
















あんのじじいに釣りはいらねーなんて言ったもんだから、
ひゃーーーくえん足りねーじゃねーか!!
ふんぬわっしゃーーーーー!!!!!





あの、お釣りがあれば!!(自分のせい。)

あんのじじいのせいで!!(何度も言う。自分のせい。)

くそぅ!!!

ってことでコンビニに逆戻り。

しかし、あのじじいのせいでコンビニで何か無駄なもの買って、

お金を崩すってのがどーにも我慢できませんで、





手数料210円払って、1,000円おろしました。
ひゃふーーーーーい!!

(あほか。)



そのあと、

無事にビアンカポーさん宅に着いて、

美味しい手料理を頂き、

散々はしゃぎ散らかして楽しい夜を過ごさせて頂きました。

あまりにも楽しかったから、

タクシーじじいのこともすっかり忘れてご満悦。(いやだから単純かって。)


次の日の朝、

私も彼女も仕事だったので、

彼女の車で駅まで送ってもらって、

ルンルンでバイバイしました。

新幹線の中で前夜の楽しい夜を思い出しながら、

余韻に浸っていたら、

私、あることに気付いてしまいまして。






携帯、彼女の車の中に忘れた。
ふんぬわっしゃーーーーー!!!!!





帰りの新幹線の中で、

固く決意したのでした。













よし。厄払いに行こう。



結局携帯は気付いた彼女が速達で送ってくれて、

事なきを得ました。

厄、こわぁ~い。

厄年の人!よし。厄払いに行こう。



クリック、あざす!!







にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



厄日。(前編)

先日、生まれて初めて、

ブラジャーのサイズをはかってもらいました。

なんで今まではかってもらわなかったって、

そんなの、単純に、



ものっそ、こっぱずかしいから


だって、そんな、人様にメジャーでぐるっと巻かれて羽交い締めにされて、(してないしてない。)

キレイなお姉たまと急接近されちゃって、(仕事仕事)

なんなら抱きつかれちゃったりするんでしょ?(勘違いも甚だしい!)

そーんなの、耐えらんない!

したらば、先日、彼女とN氏と三人で買い物行って下着屋に行ってたら、

N氏突然、


「店員さん!すいませーーん!
この人(私のこと)のブラのサイズはかってくださーい!!」













はあぁぁぁぁぁぁん?!!
Σ(゜Д゜)



なにいっちゃってんの?!

この人、突然。

なになに?!

で、はかってもらいました。素直に。

ただでさえ、恥ずかしさに耐え忍んではかってもらったのに、

店員さんが気遣ってサイズを紙にかいてくれてたんですよね。

したらば、

N氏、あろうことか、

「んなもん、口頭で言ってもらって大丈夫ですよー!」





そそそそ。
大声で店内に響き渡るように、
私のアンダーバストとカップ数、言っちゃってー!
あの人あんな風貌なのに、
意外とおっぱいあるんだねーなんて周りの人に気付かせてあげてねー!

…………………………ってあほか!
なんの罰ゲームじゃ!





人生初のサイズ測定、

心臓破れるかと思うくらい緊張しました。



こんばんわ。



優です。




さてさて。

このブログを読んでくださってる方々、

年齢はいろいろかと思いますけど、

私、このたび厄年になります。

けど、厄払いって節分までに済ませた方がいいとか言うじゃないですか。

私も行かなきゃなーでも休みがなかなか取れないしなーとか思ってたんです。

んでも、忙しいを理由に、

行かなくても大丈夫かなーって半ば思ってたんですよね。

そんな矢先、彼女の友達のビアンカポーさんから食事に招待されまして、

夜、そちらの方に向かったわけです。

彼女と私は少し離れた場所(お隣の県)に住んでるもんで、

車で行っても良かったんですけど、

なるべく早く行った方がいいってことで、

新幹線で行きました。

てか、新幹線ってほんっと早いのねぇ。

あっちゅーまよ、あっちゅーま!!

駅に着いてから、彼女はまだ仕事してるって言うので、

彼女の職場まで車を取りに行きます。

んで、私がその彼女の車に乗って先にビアンカポーさん宅へ向かうという段取り。

駅からタクシー乗ってワンメーターで職場まで着くらしいので、

言われた通りにタクシー乗り場へ。

そしたらね、普段タクシーなんか乗らないから乗り方いまひとつわからなかったんだけど、

タクシーがいっぱい停まってるとこに人が並んでて、

次々とタクシーに乗っていくから、

なるほど。

ここに並んでればタクシー乗れるのかと理解し、

その列に並んでました。

次、私の番!と思ってシューっと来たタクシーに乗ろうとした瞬間!

私の斜め後ろに並んでた波平ばりにハゲ散らかしたおっさんが、

そのタクシーにひょいっと乗ったのです。









はあぁぁぁぁぁぁん?!!
Σ(゜Д゜)




ちょちょちょいちょい。

これ、並んでんじゃないの?

っていう疑問と共に、

もうひとつの解釈が私のなかで出てきました。



一応、並んでるけど、
これ、タクシー争奪戦なわけね。




なるほどなるほど。

っつーことは次、タクシー来たら、

光の早さでタクシーに乗り込まなきゃダメってことね。

なるほどなるほど。

そこのタクシー乗り場、一段高いとこにみんな並んでたんですけど、

私、光の早さでタクシーにのりこむため、

一段下に降りてタクシー待ってみたんです。

あくまでタクシーに光の早さで乗り込むためにね。

次のタクシーが来たから、

私、光の早さでタクシーに飛び乗ったの。

そりゃあもう、無駄な動きひとつない身のこなしで。

















20140204153006227.jpg


タクシー争奪戦、勝ったどぉーーー!!


マラドーナもびっくりですよ。

雄叫びあげたかったけど、

そこはぐっと我慢して、(だって大人レズだもん。)

行き先をタクシーの運ちゃんに伝えます。


私「あの、近いんですけどすいません。
○○のヤマダ電機の前までお願いしま………」



運ちゃん「あそこ見てみろ!!!
みんなちゃんと並んでっだよー!
あぁぁぁ??















開口一番めっさキレられたんですけど。



いやいや、私ちゃんと並んでたんですけど。

なんなら、順番守らなかったのはハゲ散らかしたおっさんなんすけど。



私「いや、並んでたんですけど。」

運ちゃん「並んでたの?!」







あ・や・ま・れ・YO・!



私もね、一瞬なんで急に怒鳴られたかわからなくって、

((((;゜Д゜)))←こんな顔になってたと思うんですけど、

そのあとに、運ちゃんまだ続けます。



運ちゃん「だいたい、あそこ一段下に降りてたらあぶねーんだよっ!」


こんの、じじい!

どんだけ怒鳴り散らかしたいんだよ。

いくらなんでも、

知らないおいちゃんに怒鳴られまくったら、(しかも私、なんも悪いことしてない。)まじで腹立つぞ、おい!

しかしですね、

下に降りてたのは私の判断ミスで、

確かに危ないなぁと思ったので、

素直に、

私「すいません。しりませんでした。」

運ちゃん「・・・・・・・・」





シ・カ・ト・か・YO・!




そのあと、タクシーの中の重苦しい空気ったら!

しかも、運転の荒いこと荒いこと!

明らかに腹を立ててらっしゃるんでしょうけど、

私、後部座席で、

何かに捕まっていないといけないくらい揺さぶられまして、

さすがの私もね、段々とはらわた煮えくり返ってきまして、

ふつふつと内心沸騰するものがありました。

だいたい、タクシー乗った瞬間にものっそ怒鳴られて、
(しかもなんも悪いことしてない。2回目←重要)

ものっそ荒い運転されて、

なんの仕打ちなんだと。

ただ、ワンメーターの距離ですし、

もうすぐ着くから、

我慢しようと黙って乗ったんです。

光の早さで乗ったタクシーから光の早さで降りたい、その一心で。

そうこうしてる間に、

ヤマダ電機が見えてきたんで、

よしっ!もうちょい!!荷物をまとめて、

光の早さで降りる準備オッケー!!

早く止まれ!こちらは準備万端だぞ!!

来た!着いた!!

そこで、早くタクシー止ま・・・・・





ることなく、ヤマダ電機、光の早さでスルー。





えっ?!えっ?!

これ、どういうこと?!

ヤマダ電機の前ってあそこ以外ないよね?

ヤマダ電機をスルーしたタクシーは、

ヤマダ電機を左に曲がり商店街の方へずんずん進みます。

メーターもすでに2メーター3メーター上がってます。

ははぁ~ん。わざとか。

なるほどなるほど。

そういうことね。













よう、じじい。私を怒らせたな。







長くなったんで、分けます。

次回、じじいと激突戦。




クリック、あざす!!








にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




夜遊びレズ集合。

職場で私、携帯ゲームしてたんです。(仕事しろや)

ちょっと難しいとこクリアしたんで、

嬉しくて、

私「よっしゃ!クリアー!!」

っつってガッツポーズしたんですよねぇ。

したらば隣で携帯イジイジしてたN氏。

真顔で、いや、半笑いで、





N氏「ぶっさいくな顔だねぇ。






(´・ω・`)




いや、あのさ、私だって、

この顔と30年以上付き合ってきてるからさー、

ぶっさいくなことくらい百も承知よ?

自分が可愛いなんてこれっぽっちもおもってないしね?

でもさ、いくらなんでも、

半笑いでそんなこと言われたら、

私だって傷つくしね?

なによりね?












うちの両親に土下座して謝れや。




私、なんか悪いことした??

そんな面と向かって悪口言われるくらいなんかやらかした??

そのあと、N氏必死に弁解してたけど、









もう、おせーわなぁ、N氏さんよぉ。




N氏、この場を借りて、

うるっっっせーーーわぁーーー!!
人の顔のこと、ほっとけやぁーーー!!
地味に傷つくんじゃ、ぼけぇーーー!!



こんばんわ。




ぶっさいく優です。
(まだ根に持ってる)



先日ですね、ビアン友達のかよちゃんの誕生日会だっつーんで、

隣県まで行って参りました。

もうね、ブログ村にいる、よろしく哀愁のネイプにバラされたんで書きますけどね、

ネイプはもう一人相方と二人でビアンクラブイベントやってて、

その相方っていうのが私の彼女なんですけど。
(言うてもた。)

かよちゃんっていうのはそのイベントのスタッフね。

かよちゃんの他にスタッフはあと何人かいるんですけど。

そのイベントチームでかよちゃんの誕生日会するって言うので、

参加してきました。(←お前関係なくね??)

みんな、こんなぶっさいくな私と仲良くしてくれるの。(まだ言うか!
)

皆で映画見て、ものっそ考えさせられて、

そのあと、しゃぶしゃぶ食べ放題にいきましたよー。




201402071413570b4.jpg




安いし、美味しかった!

したらばね、皆でわちゃわちゃしゃべってたら、

なんか、ミニスカのピッチピチの服着た若そうな女性が、



「失礼しまぁ~す!!
ちょぉ~とだけお時間よろしいですか~??」





一同「は、はいぃ~~~(*´ω`*)」

















まじドレズ集団。
鼻の下ペロンペロンに伸ばしてんじゃねーよ。





その方、煙草のキャンペーンガールみたいで、

新しい煙草をPRしてまわってるみたいで、

喫煙率の高い私らのテーブルに来たとおもわれる。

なんか説明始める前に、

キャンギャ「まずは身分証の提示をお願いします!」

と言われ、正直、私もめんどくさかったんですけど、

何にも言わずに、財布をゴソゴソしていると、


ネイプ「なんでそこまでしなきゃいけないわけ?」ボソッ
















ちょ!おま!
心の声、だだ漏れしてっから!




そっからかよたん、かなり食いぎみにアンケートに協力して、

ひとしきり説明し終わったら、

ミニスカキャンギャのお姉さん、

一人一箱ずつたばこくれたー!!

まじで?!ちょーラッキーなんですけど。

しかも、みんなが今吸ってるのにより近い煙草をプレゼント!

ちょっとめんどくさかったけど、

身分証とか出してよかったー!!





ネイプ「おで、メンソール下さい!(*´ω`*)
嬉しいなぁーー!(*´ω`*)
たばこ、
マー○ボロに変えよっかなー(*´ω`*)
(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)」






ちょ!おま!

げんきん!!

手のひらのひるがえし方、パねぇ!!
















でも、
ネイプのそういうとこ、
嫌いじゃない。





そのあと、ショットバーに移動。

なんか、個室に案内されたんだけど、

着いて早々、











2014020714135766a.jpg




家か。って。





20140207141357e9e.jpg






自由にもほどがあるだろ。
エスキモーおるし。







20140207141357df9.jpg





楽しそう。

事実楽しかった。

みんなの写真撮りながらこっそり彼女の写真撮ろうとしたら、








20140207221515309.jpg









何回撮っても手前の金髪が邪魔してくるぅー!るぅー!るぅー!ルルルー♪(笑)





それも、嫌いじゃないけどね。

みんな大好き。

わちゃわちゃ感が心地いい。

次回のネイプと彼女のイベントが楽しみだなぁ。


近々このメンバーでMixイベントに参戦するぜ!!




クリック、あざす!!








にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



実はめっさ緊張してました。

知らない間になーんだかブログ村いろいろ変わってんのねぇ。

カテゴリーとか、すんげえ細かくなっちゃって。

嗜好??なんそれ??

嗜好と言われましても。










オラ、こまけーことわがんねぇ!!



ドレズ!!

ドレズだ!

そんでよろしく!!





こんばんわ。




優です。


さてさて。

ブログ休止中の出来事なんで、

ずいぶん前の話になるんですけども。
(記事にするの遅くなってごめんなさい。)

ブログの読者さんからあるメールを頂きました。




「優さんに髪を切っていただきたいのですが。」




なんとっ!!!



すんごい感激しました!!

いや、嬉しかったです。

が、しかし、どちらにお住まいか書いてなかったので、

聞いてみることにしました。

もんのすごい嬉しい申し出だったんですが、

もし遠くに住んでおられて、

わざわざ来ていただくとなると大変申し訳ない話になるので、

そのときはお断りしようと思っていたんです。

お金もカットどころの話じゃなくなるんでね。

しかもN氏と私の二人でお店をやってるなら来てもらっても全然構わないのですが、

未カムのスタッフがもう一人いるので、

わざわざ来ていただくのに、

気を使いながらしゃべらないといけなくなると、

それこそスライディング土下座ものの申し訳なさになっちゃうもので。

したらば!なんと!!関東だとおっしゃるじゃないですか!!



それ申し訳ない!申し訳ない!申し訳ない!………



いやー、それはさすがにーと思っていたら、

卒業旅行でこちらの方にくる予定で、

そのあとも近県の友達のとこに行く予定だということで、

それならば、お言葉に甘えて、

営業終了後で良ければってことで来ていただく運びになりました。



駅で待ち合わせしたんですけど、

いやぁ、緊張した!!

金髪のふざけた奴を見つけてください。と伝えてあったんですが、

たまたま駅に金髪が何人かいたらしくて(笑)、

合流するのに、少々手こずりましたが、

無事にお会いすることが出来ました。


髪の毛ロングのお若いとっても可愛らしい方でした!!

年齢聞いたら20歳ですって!!

わっかーー!!お肌プルップル!!

こんな違うもん?二十歳って!

営業後のお店に着いて、

早速どんな髪型にしますかー?ってな話をしてたら、

ロングの髪をバッサリショートにしたいとのこと。

ちなみに切る前がこれね。





2014011810291755c.jpg




そっから、いろんな話してー、

髪切ってー、

恋愛話してー、

ちょけてー、

チョキチョキしてー、

コーミングしてー、

はい!完成!!








201401181029175ad.jpg








はうっ!!みじかっ!!
(自分で切っておきながら。)






ちなみに横と後ろはこんな感じになりました。








20140118102917a24.jpg













てめーー!!(私)
せっかく関東からお越しなのに、ずっと電話してんじゃねーよ!
バッキャロー!!




あの時の自分、叱っておきました。

失礼にも程がありますねー。

ごめんなさい。


そんなこんなで、

ご飯食べに行って、

一杯引っかけて、

キャラオケで、

酔っ払い3人ちょろけ散らかし、





まさかのゴールデンボンバー、スタンディングで大熱唱。





しかもムービー残ってるー!!

もうね、初対面の人の前でなにやってるのか!と。

私はどこにむかってるのか!と。

その節は本当にありがとうございました。

わざわざとおいところ、

こんなふざけたやつに会いに来ていただき、

楽しんでもらえてたら幸いです。

私は心から楽しませていただきました。

頑張ってますか??

またいつかお会いできること楽しみにしております。






クリック、あざす!!












にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






ブティックの響きが頭から離れません。

先日、仕事終わりに、N氏と回転寿司食べに行くかーなんつって、

某回転寿司を食べに行きました。

ス○ローですよ、スシ○ー。

で、ひとしきり食べたあと、

ちゃぶちゃぶ喋っておったら、

どんぶらこっこどんぶらこっことこんなものが流れてきました。









20140122153613d4a.jpg











主役(ネタ)、逃亡。(笑)



シャリとわさび、主役を探す旅。

めっさ、シュール。






こんばんわ。


優です。


さてさて。

先日、お店の営業中に電話がかかってきました。


お客さん「あのーすみません今日15時から予約してるものなんですがそちらのお店には駐車場はありますか?」

黒柳徹子バリの声の高さと早口さ。

かつ、とてもせっかちな感じ。

推定57歳。性格、せっかち。人の話をあまりまともに聞かない。そんな印象を受ける電話でした。


私「駐車場ですね、お店に一台分ご用意してるんですが…」

お客さん「一台分?!どこ?!」
(さ、最後まで聞いて!)

私「場所がわかりにくくなってまして、ですのでいっ…」

お客さん「どこ?!どこにあるの?!分かりにくい場所って?!」
(だから、最後まで聞いて!)

私「お店の裏側になるので、一旦お店の方に来ていた…」

お客さん「裏?お店が裏側?」

私「いえ、違います。駐車場がお店の裏側に…」

お客さん「え?!お店はあの通りを中に入った裏側でしょ?」

私「いえ、お店は表通りでその裏に駐車場があ……」

お客さん「よくわからないわねぇ。だから駐車場は表側?お店が裏側に?」















だーから最後まで聞けってばー!!!



もうこの辺でお店の裏側の駐車場を説明するのを諦めた私。

お店の前の通りを少し進んだところにある分かりやすいコインパーキングを案内することにしました。

そこのコインパーキング、お店を利用していただけたら、

駐車券を渡すことが出来るのです。



私「お店の場所はわかりますか?」

お客さん「あの道を中に入ったところでしょう?」

私「いえ、入らないんですよ。その通り沿いにお店があるんですけ…」

お客さん「え?え?通り沿い?」

私「はい、とおりぞいです。」

お客さん「え?え?ちょっと待って!あそこの通りにおっきな駐車場がございますでしょう?」

私「その駐車場に停めて頂けたら駐車券を…」

お客さん「えっ?!えっ?!あれは表側で裏側に駐車場で…」














ちょ!
徹子さん、一旦落ち着こうぜ!
んで、話最後まで聞こうぜ!




私「そこの大きなコインパーキングに停めていただいたら駐車券お渡し致しますので…」

お客さん「お店はどこ?」

私「○○の隣のビルの一階になります。」

お客さん「○○の隣…??????ブティックがありますよね?」

私「そうですね、ブティック(ブティックて(笑))の隣になります。」

お客さん「ブティックの隣にそんな美容室あったかしら?
ブティックの隣はまつげエクステのお店じゃない?」

私「そのまつげエクステとブティックの間になります。」

お客さん「ブティックとまつげエクステのお店の間にそんなビルあったかしら?」

私「いえいえ違います!!
ブティックもまつげエクステも同じビルの一階なんです。」

お客さん「ブティックとまつげエクステの間の裏側???」















もう!
一旦裏側から抜け出してー!





私「裏側には行けないです。
とにかくブティックとまつげエクステは同じビルで、
その間にうちのお店がありますので。」

お客さん「・・・・・・・・・。」

私「・・・・・・・・・・。」





えっ?!シカト?!( ; ゜Д゜)


お客さん「ブティックの・・・隣のビルね!!!
わかったわ!どうも。」

私「違っ!!あの!!違っ………」





ブチッ!!ツーツーツー………














徹子、せっかちが過ぎるよー!!



もう知らねぇ~。

大丈夫でしょう!!!

ブティックの隣は隣ですし!

その後迷うことなく無事に来店されたお客様。

良かった良かった。

てか、そういえば、もとはと言えば、





駐車場ありますか?の電話では…?



まぁ、もういいや、しーらね!

人の話は最後まで聞きましょう!



クリック、あざす!!







にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




現在の閲覧者数:
プロフィール

優

Author:優
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
メールはこちらへどうぞ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。