無料ホームページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちごみるくの正しい食べ方。

お昼御飯を食べる時間もなく、

食べずに仕事していたのに、

お昼に、かつ丼を食べた錯覚に陥り、

お客さんに「お昼食べたの?」

と聞かれ、

私「はい!!かつ丼たらふく!!」

と張り切って嘘を答えた私です。




こんばんわ。




優です。




お腹すき過ぎると、

お腹一杯な錯覚に陥っちゃうのねー。


危険、危険。



さーーて。


そんなくそ忙しい時間を乗り切った私ですが、

そんな忙しい時間の中にも、

ちょいと楽しい時間?がありましたとさ。

(日本昔話か。)



なんかね、あれあるじゃないですか。



昔ながらのいちごみるく飴。


むっちゃおいしいやつ。


そして、食べたら、

必ず、120%の確率で噛んでしまうあの有名なあめちゃん。


私の店にそのあめがご自由にどうぞ。的なポジションで置いてあるのですがね、

今日は私より少し若いくらいの姉妹のお客さんが来られてました。


妹さんがパーマをあてている間、

お姉さんは待ち合いのソファーで雑誌読みながら待っていたのですが、

妹さんの接客しながら、

待ち合いから聞こえてくる音…





ガサガサガサガサ…



パリパリ…



コロコロ…



バキッ!!ガリガリガリガリ…




この一連の流れの音が繰り返し聞こえてくるわけです。



チラッと見ると、

待ち合いのテーブルに置かれた何枚ものいちごみるく飴の包装紙。













選り好みしていちごみるく飴ばっかりエンドレスで食べてますやん。





それに気付いた妹。



妹「お姉ちゃんやめや!
そればっか食べるの!!」



姉「だっておいしいんだもん。」



私「その飴おいしいよねぇ。」



姉「誰が噛まずに一番長く舐めていられるか、
やろうよ。」



妹「えー!!私、絶対噛んでしまうわー。」



私「私も~!」





こうして急に始まったなんかようわからないゲーム。




私「よーい、スタート。」


姉「無理!!もう今の時点で噛みたい!!」



妹「もう噛んでもいい?」



私「はやっ!!つか、これ、意外に拷問!」



姉「ヤバイ!!ミルキー部分が出てきたー!!」



妹「やだ!噛みたい噛みたい!!」



私「………………。」



姉「あれ…?優さんなんで無言なんですか!?」



私「神経集中しないと噛んでしまうから。」



妹「わかるー!!」



姉「誰か先にかみや!」



妹「お姉ちゃん、先はよかみや!」











私「もう無理!!噛む!!」




そして、

2人に見せびらかすように、







ガリッガーリガリガリガリ…。












これ、極上のし・あ・わ・せ。




うましー!!!!


続いて他の二人も噛み砕きます。




妹「やっぱ、いちごみるくの飴は噛むために作られたんだな!」



姉「間違いないね。」













いや、たぶん違うと思うで。



ね?相変わらずくだらないでしょ?




けど、ちょっと楽しかったのさー。


結局、3人で店中のいちごみるく飴食べ尽くしたとさ!




いちごみるく飴すきなひとどんくらいいますか?



いちごみるく飴を噛まずに最後まで。



ってのやってみて!



できたひといたら、報告求む!





クリック、あざす!!











にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いちごみるく飴の包装紙を通してライトとかを見るとオレンジ色になりますよ!…って知ってました(・・?

初コメ失礼します

あのアメちゃん、とってもおいしいんですけど
噛まずにがんばると口の中ケガしちゃうんですよねえ(・ω・`)
現在の閲覧者数:
プロフィール

優

Author:優
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
メールはこちらへどうぞ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。